泥沼化を防ぐ

腕を組むサラリーマン

離婚は、二人の問題ということで、内々に解決しようとしてしまうことも少なくありません。その結果、こじれて泥沼化してしまうことがあります。こうなってしまうと、解決はより難しくなり、余計な労力・コストをかけなければならなくなってしまいます。 これを防ぐためには、弁護士に最初から間に入ってもらう方がよい場合も多いです。特に離婚は、双方が感情的になりやすいですので、代理人に対応してもらった方が、より冷静な話し合いをすることができるのです。 また離婚においては、財産分与や慰謝料、養育費や親権など、法律の知識が必要とされることが多くあります。ここで弁護士に支援してもらうことで、これらの決定、手続きをより円滑に進めることが可能です。

さて、離婚における協議において大切なのはスピードです。長くなるほど、精神的にも経済的にも負担は大きくなってしまいますので、できるだけはやく解決することが、双方にメリットとなります。 このことを踏まえ、弁護士事務所でもスピード重視の解決を目指すところが増えてきました。具体的にはまず、本人同士の協議離婚を勧め、弁護士はそのサポートに回るというものです。また、それがうまくいかない場合は、弁護士が代理で交渉して円満解決を模索します。 これは、調停や訴訟になってしまいますと、年単位の長さになる場合も少なくないからです。そのため、早期解決に取り組む弁護士は、こうした長期戦はできるだけ避け、当事者の負担を軽くする努力をしています。